他人につられてしまうのはなぜ?!実は人間として正常な証!

今回は『なぜ他人につられてしまうのか』という事です。

LOLの試合中、一人一人突っ込んでいってやられることがありませんか?

小規模戦で負け濃厚時、寄らなくていいのに寄ってしまうことはありませんか?

味方が一人キャッチされ、集団戦敗北濃厚な状況にもかかわらず、誰かが一人突っ込むとみんな戦い始めたりしませんか?

実はそれ、LOL的にはダメですが、人間的には正常みたいです。

KANATA
正常で良かった。



つられてしまう性質

集団戦開始前のにらみ合いやバロン・ドラゴンの開始タイミング、そしてスティール時…

リスクを伴う選択をする際、「これは今いくべきか・・・」という考えがどこかであると思います。

実はこの『リスクを伴う選択をする際、人は他人の行動や考えに引きずられる』という性質をもっています。

あくまでも「引きずられやすい」というだけであって、絶対ではないです。

実験では、ギャンブルなどで何かを選ぶ際、他人の意見や行動に引きずられるという結果が出ています。

ですが、LOLではこの「つられる」というのが悪い方向に流れてしまう事が多々あります。

例えば人数差があり小規模戦、集団戦で不利な状況の際、味方の誰かが我慢できず、あるいは自己判断で相手につっこんでしまうと、それにつられて次から次へと突っ込んでしまいます。

我慢できなかった1人だけならキル献上1で終わりですが、つられてしまった場合は犠牲がさらに大きくなります。

バロンやドラゴンを始める際、味方がまだ寄っていないのに一人がフラッシュインすると、近くにいる誰かもフラッシュインしてしまったり…

VCしてれば相談できるから大丈夫じゃんと思うかもしれません。

ですが、この「つられる性質」は行動を起こした人物が自分と仲が良ければよいほど起きやすい現象だそうです。

見知らぬ3人の内1人がタワーダイブするよりも、仲のいい3人の内1人がタワーダイブした時の方が残りの2人がつられてタワーダイブする確率が高いという事です。

対策としては「冷静に判断し、勝てないと思ったら誰かが突っ込んでも反応しない」ということですが、正直人間の衝動なのでつられてしまったらしょうがないですね。

KANATA
私は、誰かがフラッシュ打ったらつられて打っちゃいます。




Good Luck, Have Fun!