ストレスの原因と防衛方法をまとめてみました。

世界人口№1のオンラインゲーム「League of Legends」ですが……

その底知れない面白さもありますが、その逆に底知れないストレスも存在します。

私もこんなに面白いゲームはないと思ってますが、こんなにストレスを感じたゲームも他に知りません。

これからLoLを始める方もたくさんいるかと思いますが、始める前にまず「ストレスが溜まる」というのは絶対に頭に入れてから初めてください(笑)

普通ゲームってストレス発散のために娯楽でやるものなんですけどね……

ここで頭に入れておくことが、LoLはゲームではなくスポーツと考えましょう!

ストレス以上の面白さ、試合に勝った後の気持ちよさ、とにかくアドレナリンがでるゲームです!

ストレスを少しでも軽減することができれば、より一層楽しくできるはずです!

てゆーか、そもそもなんでストレスなんてたまるのでしょうか……

誰もが体験するであろうものをいくつかあげていきたいと思います。

KANATA
今回はあくまでも精神論的な話です。

初心者狩りに対する精神防衛

最初のストレスがこれじゃないでしょうか。

コンピュータとの対戦を終え、いざ対人戦へ……

しかし、サブ垢や明らかに初心者じゃない動きをするチャンプ。

勿論全試合ではないですが、少なくとも数試合は初心者以外とあたるでしょう。

その際はひたすら死ぬしかありません。

正直めちゃくちゃつまらないです(笑)

通常初心者であれば、同じ初心者とあたるようになっています。

自分のレベル以外とあたるということは、味方にも同じくらいのレベルがいる可能性が高いです。

考えられる原因として、すでにLoLをやっていた友人と一緒に試合へいってませんか?

始めたばかりでレベルがまだ10にもなっていないのに、友人はレベル20や30なんてことはないですか?

友人のノーマル内部レートが高ければ、勿論相手にも同じレートの高い人が必ずいます。

私も始めた当初、まだレベルも低くろくに動かせない状態で、2人の友人(レベル30)と始めた為、ずーーーとやられまくっていました。

それはもう面白くありません(笑)

ですが、一人でノーマルにいくと友人達のように上級者はあまり来ませんでした。

勿論、数試合は初心者以外の人が混じってきます。

ですが、それでもレベルの高い人が確実にくるという状況は打破できました。

つまり、この初心者狩りの解決策としては

  • レベルの高い友人といかない、もしくは友人にもう一つ垢を作ってもらう
  • 一人でいっているときにスマーフがきたら諦める
  • KANATA
    とにかく初心者は勝てないので気にせずマウス操作に慣れることを優先しよう。

    味方にイライラするときの精神防衛

    7割型の人がこの項目でストレスを感じるのではないでしょうか。

  • adcをやっていてsupが弱い
  • 集団戦には毎回よらない→一人でうろうろしていて消える→集団戦が毎回4vs5
  • 使ってほしいところでスキルを使ってくれない
  • 自分はキャリーしているのに、味方がそれ以上にフィードしている
  • とにかく動きが何したいのかわからないような動き
  • ありすぎてわからないくらいあります。

    ちなみに上記のイライラにはちょっとしたグループ分けができます。

    はじめたばっか

    ガチで初心者の場合です。

    正直このレベルで味方にイライラすることって少ないのではないでしょうか。

    そもそもなんで味方が死んだのか、わからない事が多いです。

    それでも味方の動きが気になる場合……

    LoL以外でなにか対人戦をやったことがありませんか?

    正直LOVAやほかのチーム戦などを経験したことがある人とない人では考え方が違います

    私はゲームをあまりしなかったため、こういったチームでの対人は初めてでした。

    なので人数差がどれだけ大事なものかだとか、オブジェクトの大切差もまったく理解していなかったので、とにかく自分のレーンにひたすら居座ったり、体力が減っても戻らないだとか、ビルドもめちゃくちゃだったり、ミニマップなんて見る余裕もなければ見ようともしませんでした。

    LoL以外で似たようなゲームをしていた人は、こういった基礎中の基礎は頭に入っているはずです。

    集団戦があったときは向かうし、オブジェクトの大切差もわかっているはずです。

    始めたばかりで味方にイライラする人は、とにかくレベルを上げて、プレイヤースキルを上げることに集中してください。

    そのうち自分と似たような、ゲームの流れは理解しているがまだチャンプの操作に慣れていない人と当たるはずです。

    レベル20~30以下

    試合にも慣れてきて、だいたいの試合の流れが理解できてきたかな~と思う頃合いです。

    正直レベル30に満たないプレイヤーは味方もひどければ自分もひどいです。

    なので、味方がひどいと感じることもありますが、自分がひどいプレイをしているときもあると思います。

    この場合はイライラせずにまずは勉強だと思って、自分はこんなプレイは絶対にしないようにしようと、その悪いプレイをしている人の動きを注意深く見ておくようにしましょう。

    このレベルになればランク戦まであと一息

    確かに試合でフィードする仲間がいればストレスはたまります!

    ノーマルは所詮こんなもんだ!と割り切って、ランクにいくまであと少し踏ん張りましょう!

    ブロンズ

    試合の流れも理解し、チャンプのスキルもある程度わかっている。

    たぶん一番イライラする人が多い魔境の場所だと思います。

    こいつ弱すぎ!
    味方が弱いせいでランクが上がらない!
    俺はキャリーしているのに、周りが弱すぎて勝てない!
    まぁだいたい思うことは一緒だと思います。

    勿論私もブロンズ5を経験しているので、上記の発言はめちゃくちゃしたことがあります(笑)

    ですが、そんなことを言っていても一生現状のままです!

    自分がブロンズにいる!ということをまずは理解しましょう。

    はっきり言います……ブロンズはそういう場所です。

    正直真面目にプレイをしていない人もめちゃくちゃいます。

    スキルも4割近くはずします。

    ブロンズの方の解決方法としては、とにかくシルバーに上がることです。

    もちろんシルバーだって魔境ですが、それでもブロンズよりもイライラすることは減るはずです。

    ブロンズで【味方が弱い】と愚痴ったとしても、周りからすれば弱いのはあたり前じゃね?と言われます。

    まずは味方=弱いとおもって試合を行うことが必要です。

    もしあなたがブロンズ以上の力があるのならば、MIDやJG、ADCなどで試合を運ぶことができるはずです。

    負けたとしても、毎試合必ず試合成績が1番か2番目くらいにはなるはずです。

    まずは味方のせいにする前に、自分はどうなのか?というところを素直に受け入れ、見直していきましょう。

    シルバー

    弱い味方がいた場合は、その味方の分どこでカバーするのかが大切。

    ブロンズとシルバーの差ってそれほどないと私は思いますが、それでも弱い味方がいた場合、その味方の分をカバーできるだけのプレイヤースキルや動き方の理解はある程度ついていると思います。

    負けているレーンがあるならば、ロームやガンクで助けにいったりだとか、味方が弱いと愚痴る前に、自分やチームでそいつをどうやってカバーできるかを考えましょう。

    正直めちゃくちゃ弱いやつもいれば、一人だけめちゃくちゃ強くて、何もせずに勝つことだってあります。

    つまり、弱い味方を引いたときに勝つことができれば、その分勝率が上がるということです。

    フィーダーに当たってしまったら、この試合に勝てればランクが上がる!と思って挑むようにしましょう。

    ゴールド

    いろんな考えや戦い方が個々にあり、そしてここまで登ってきたプレイヤー達がたくさんいます。

    特に攻め時の違いにイライラすることが多いのではないでしょうか。

    ですがここまでくるといい試合の割合のほうが多くなってきているはずです。

    ひたすらランク回すしかない!

    KANATA
    悪いことのほうが印象に残っているものです。ラッキーウィンも意外とあることだけは忘れずに。

    マッチングシステムにイライラしたときの精神防衛

  • 試合をしていて、明らかに見方がDCやfeederの来る確率が高い
  • 昇格戦の時だけ勝てないようなマッチングになっている
  • 自分より明らか弱いやつor強いやつとマッチする(自分の適正レートじゃない)
  • マッチングシステムに関しては思うところも多々あるでしょう。

    試合をしていて、明らかに味方がDCやfeederの来る確率が高い

    これについてですが、本当にそうだとしたら、あなたもAFK等をよくしていませんか?

    一説によると、DCをよくする人はDCを良くするメンバーで固められて試合させられる……なんて話を聞いたことがあります。

    本当かどうかわかりませんが、自分がDCしているならば気を付けましょう。

    DCなんてしていないのに味方がよくDCする!という方ですが、僕も一時期同じことを思って一度数えたことがあります。

    味方がAFKして負ける回数と、相手がAFKで勝つ試合…

    正直私の場合は若干味方がAFKして負ける回数のほうが多かった気がします(笑)

    ですが、それでも極端に多いわけでもなく、実際味方のAFKのせいでランクが上がらないかというとそんなこともありません。

    もちろんAFKされるとイライラを通り越して萎えます…

    ですが、もうされてしまったものはしょうがない!と思うしかありません!

    そんな人のために自分がイライラするのももったいないので、自分のレーンだけは勝つだとか、4VS5でもくらいついてやるくらいの気持ちでやって、負けた時はしょーがないで終わらすしかありません。

    逆にあきらめずにもし勝てば、これ以上に爽快なことはないです!

    誰かが消えたときは、いつも以上に集中していきましょう!

    昇格戦の時だけ勝てないようなマッチングになっている

    こんなマッチングシステムはないと思います。

    ですがなぜなかなか昇格できないのでしょうか?

    そもそも確率的な問題ですが、昇格戦ってまずたどり着くために連勝が必要になること多くないですか?

    地道に勝ち→負け→勝ちなどで、5~10ポイントずつ増やしていき昇格戦になるかたもいますが、大半の方が2、3連勝していっきに昇格へのチャンスをつかんでいると思います。

    つまり、昇格戦の前にすでに連勝をしている状態なわけです。

    あなたの全体の勝率は何%ですか?

    多くの方が50%前後で落ち着いていると思います。

    であれば、「昇格戦前に連勝している=確率的に昇格戦は負けることが多い」と考えればある程度ストレス軽減できるのではないでしょうか。

    昇格というのは簡単にできてしまえば、その喜びも薄れます。

    それくらい昇格しずらいものだ!と頭に入れておくことが大切です。

    自分より明らか弱いやつor強いやつとマッチングする

    これに関しての精神防衛方法です。

    自分の適性レートじゃない!と思う方たくさんいるかと思いますが……

    サッカーや野球の試合で、全員が同じレベルってことはないです。

    例えば世界級のプレイヤーもいれば、日本止まりのプレイヤーもたくさんいます。

    そんな中で、同じチームで試合を勝っていかなくてはなりません。

    つまり自分より明らかに弱いやつと組まされた場合、あなたはそのチームでエースなのです。

    強いやつとマッチするということは、あなたのプレイヤースキルが認められ、一つ上のチームに入れられています。

    こう考えれば、どちらのチーム構成でもあなたは【期待】されているということです。

    あくまで精神論ではありますが、明らかにチームが弱ければ、あなたがエースとしてチームを動かしていかなくてはいけませんし、その逆の場合は役立たずにならないように慎重にプレイしましょう。

    KANATA
    『なるほど・・・確かに お前がエースや』と言わせたい。

    煽り・暴言に対しての精神防衛

    さて、LoL日本鯖でもっともストレスを感じるであろう煽りです(笑)

    NAでは意味があまりわからず感じないこともありましたが、日本語という共通で意味の分かるツールを使用することになり、急激にストレスが増えた気がします。

    意味のわかる煽りほどストレスを感じることはありません。

    基本的にここでストレスが溜まる人はオールミュート一択です。

    ですが、考えかたを変えればストレス軽減もできるはずです。

    現在の日本鯖ノーマルの場合、勿論ノーマルレートで同じくらいの人とは当たるものの、ゴールドやプラチナ枠も結構一緒に試合をします。

    なので現在は煽りがあったとしても、自分が下手だからと納得することができます。

    ですが、これからランクが始まり、同じレートでの試合中の煽りはストレスの原因となることでしょう。

    だがちょっとまって!

    味方や敵などからランクで煽られる……勿論いらっとはしますが、よく考えてみてください。

    同じレート=相手も味方もあなたと同レベルなのです。

    あなたと試合をしている以上は所詮相手も同じレベル。

    煽ってくる人は所詮このレベル止まりだなと思い、よくなかったプレイはしっかりと復習し、煽ってくる人をほっといてもっと上を目指していきましょう。

    ちなみに煽りたがりはどこの世界でもよくいます。

    あまり気にしないようにしましょう。

    味方への煽りと勝率の関係性

    上記では自分が煽られる側でしたが、味方がミスをした際にあなたは煽っていませんか?

    ピング連打やチャット煽りや暴言……これに関しては利点がありません。

    公式にも書いてありましたが、煽りや暴言によって勝率は下がると統計がでています。

    味方がひどいプレイをしたときでも『どんまい。きにすんな』『次は気を付けようぜ』『まぁ今のはしゃーない』など、煽らずに励ましのチャットをするほうが、その後いいプレイをしてくれる確率が上がるというものです。

    あくまでも精神論や仮説ですが、それでも試合に勝てる確率が少しでも上がるのならば励ましてあげるべきではないでしょうか。

    よく漫画などで、本当に喧嘩が強い人は優しいなどといいますが、本当にLoLがうまい人は暴言などはあまりはかないのではないでしょうか。(絶対とはいっていない。

    勿論イライラすることもたくさんあると思いますが、なるべくみんなで楽しくプレイできる環境ができるといいですね!!

    KANATA
    私は一時期、煽られたら煽ってきたそいつの目の前まで歩いていき、フラッシュで返事を返していました。




    Good Luck, Have Fun!